◆小豆島ってどんなところ?

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島で周囲126km。
「小さい豆の島」と書くのでとても小さな島だと思われがちですが、瀬戸内海の島の中では2番目の大きさです。
地中海沿岸と似て、雨が少なく温暖な気候でオリーブの栽培も盛んであり、日本で初めてオリーブ栽培に成功した土地としても名が知られています。

地中海のようなオリーブと海の穏やかな景色が広がっている場所や、田んぼがいくつも連なる日本の原風景のような場所もあれば、瀬戸内海で一番高い山(標高約817m)の星ヶ城山、日本三大渓谷美のひとつ寒霞渓という渓谷があります。寒霞渓の鷹取展望台や四方指からの雄大なパノラマや小豆島霊場の中の西之瀧と碁石山風景は心が洗われるような場所です。その他にも小豆島には居心地の良い空間やパワーを感じる場所がたくさんあり、農村歌舞伎や秋祭りなどの伝統行事もたくさん残っていれば、
瀬戸内国際芸術祭に代表される現代アートも島のあちこちで見ることができます。醤油、オリーブ、素麺などの特産品も豊富です。

おすすめの場所は小豆島霊場十八番札所の石門洞です。
奇岩怪岩の岩肌の洞窟の中に建てられた本堂と自然が創り出した大きな岩の石門が特徴で、本堂から見下ろす紅葉は息をのむような美しさです。
寒霞渓裏八景の遊歩道のまんなかあたりにあり、紅雲亭ロープウェイ駅の近く猪谷池のところから登ることができますので
島にお越しの際には是非足をお運びください。船でしか行けないのも小豆島の魅力の1つです。
神戸港、姫路港、日生港、髙松港、新岡山港、宇野港など小豆島に渡る船はたくさんあります。
フェリーからは瀬戸内海や美しい島々の景色を堪能できます。

特に新岡山港から出航するフェリーのうしろからは、たくさんのかわいいカモメたちがお見送りしてくれ、
船内売店でかっぱえびせんを買って船のデッキから投げると、すぐ近くまでカモメたちが寄ってきてくれ、子どもたちは大喜びします。

小豆島には懐かしい匂いがする背の低い町並みや、人々の営みを見守る山々、転じて煌めく凪の瀬戸内の海。当たり前にある、普遍的なものが美しく素晴らしく、
感謝を感じさせてくれる場所です。このように小豆島には様々な景勝地や名所や美味しい食べ物などがたくさんあり見どころが満載です。
皆さんがまだ知らない場所や知らないことがたくさんあります。はじめての方も、何度も来ていただいている方も、まだまだあるはずです。
皆さん、新しい小豆島を発見しみてはいかがですか。

◆natura小豆島ってどんなサイト?

小豆島は1日ではまわり切れないほどいろいろな魅力が詰まった宝箱のような島です。
このサイトでは、そんな魅力あふれる宝箱のような小豆島の情報を余すことなく発信していきます。人によって”感動”するところは様々、風景や自然、アクティビティや人、空間。
あなたのアンテナにひっかかる、何かが見つかる場所です。それは、訪れた瞬間に出会うかもしれないし、何回目かの訪問で出会うかもしれない。
小豆島が”気”になっているのなら、訪れてみてください。それは島があなたを呼んでいるのです。
このサイトを見て頂ければ、旅行前に小豆島での過ごし方をイメージしていただくことができると思います。

natura小豆島ではフォトコンテストを開催しています!!
小豆島に訪れた皆様が撮影した素敵な写真をサイト内やSNSでご紹介させて頂いています。
インスタグラムで、ハッシュタグ 『♯natura小豆島』をつけて皆様の素敵な小豆島の写真を投稿してください。
入賞者には小豆島のホテルの宿泊券や小豆島の特産品をお送りいたします。
詳しくは https://www.natura-shodoshima.com/photo_contest/ を見てくださいね!

ぜひ、このサイトを活用していただきいろいろな島の情報をゲットして小豆島の旅を楽しんでください。
natura小豆島のスタッフは皆様の旅の思い出づくりのお手伝いをさせて頂きます。

◆natura小豆島を作るきっかけは?

現在、全国のホテル・旅館にとって大きな課題は、人手不足とさらなる生産性の向上です。
この問題について、ひとつひとつのホテル・旅館だけでの企画等では限界があることも事実であり、これを解決するために「チーム小豆島」で共にできることはやっていこう!
ということが発足の狙いです。
生産性向上の鍵は「閑散期を無くす」ことにあり、季節により宿泊者数の浮き沈みが激しい小豆島にとって、
簡単なことではありませんが今までにない島の魅力の発信や企画により実現させたいと強く思って2017年3月に発足しました。

◆小豆島にかける思い

例えば、「オリーブの木の下で1日数十分座っているだけで癌が治る」という話があったとします。
これは全く根拠のない話ですが、もしこれが本当の話だとすればとても凄いことです。
もしそんな事が起きれば、オリーブの木がたくさん植えられている小豆島に各地から大勢の人が訪れるかもしれないですよね。
それと同じように、もし小豆島が『Instagramの聖地』だったら、今よりもっと注目を浴びると思います。
小豆島の風景や伝統、文化はナンバー1ではなく、オンリー1です。皆さんが知らない小豆島にしかない魅力がいくつもあります。
そのひとつひとつにまだまだ未知の可能性があることに期待しています。小豆島を訪れてみたい!暮らしてみたい!と
多くの皆様に『選ばれる小豆島』になって欲しいと私達は日々願っています。

◆natura小豆島のメンバーから皆様へのメッセージ◆

小豆島は高層ビルもショッピングモールも遊園地も動物園もありません。でも小豆島でしか感じられない人の温もりや素朴な景色・風景があります。
1回ではなく2回・3回と来ていただくことで、きっと小豆島の良さをより知っていただけると思っています。
人によって小豆島の魅力は感じ方が違うはず!あなた好みの、ありのままの小豆島を、いろんな新しい小豆島を発見してみてください。